マスカケ線~特殊な手相の生かし方~

マスカケ線

 マスカケ線とは感情線と知能線が一体となった線のことを指します。
 図のように、ちょうど手のひらを横断する1本の線が入っているイラストが手相の本によく載っていますね。

 次ページにて、マスカケ線の様々なバリエーションについては詳しく説明しますが、マスカケ線には感情線や知能線が他にもあるタイプ、 後天的に知能線と感情線がくっついた変形マスカケ線などのタイプもあります。

1.マスカケ線をお持ちの方の傾向

 私は今までの人生で非常に多くのマスカケ線(変形を含む)を見てきました。

手相の本によると、

・非常に強運で運気の波が激しい。
・独立することで才能を発揮。
・自分に適した仕事を見つければ、才能を発揮して大成功を収める。

このような事が書かれてます。

 そして、現実ですが、今まで鑑定したマスカケ線の持ち主の中で、 実際に独立して自分に適した仕事をされている方は、10%くらいだと思います。
(鑑定した方は鑑定した時点で、です。)

 その理由としては、マスカケ線の方は自分が何をするべきかが分からない (考えていない)方が非常に多い気がします。

 そして、自分のやりたいことに出会えなければ、ただの変わり者で終わってしまう可能性があります。

また、普通の生活や人生を望むと、逆に運気が悪くなるようです。

 マスカケ線として生まれて来た方は、
  専門分野・新しい分野の開拓・形に縛られない分野 で特に才能を発揮できます。
  ハマれば、どの業界でもトップまで上り詰める運気があります。

2.左手マスカケと右手マスカケの違い

 鑑定経験上、両手にマスカケ線をお持ちの方よりどちらかの手にだけマスカケ線をお持ちの方が多いようです。

 左手のみマスカケ線がある方は、35歳近辺までは運気の波も激しく、 普通ではない仕事や人生を望んで努力をする方が多いようです。
 しかし、35歳以降だんだん現実的になり、環境になじんでしまう傾向があるようです。
左手マスカケ線の方が夢を実現させるためには、早めに独立や行動を起こすことがポイントになります。

 右手のみマスカケ線がある方は、35歳近辺から人生や性格が積極的に変貌する方が多いようです。
 お話をお聞きすると、20代までは、特に夢を持ったり、なりたい職業が無かったが、 30代になり急にやりたい事が出てきた、独立して起業したという方が多いです。

 両手にマスカケ線をお持ちの方はとにかく強烈な個性の持ち主が多いです。 頑固も2倍、変わり者度も2倍、集中力や執着心も2倍と言ったところでしょうか。

 両手にマスカケ線をお持ちの方はとにかく、普通の生き方をしない事です。 普通の生き方を望んだ場合、普通以下の人生になる可能性が高いです。

 とにかく、大きな夢を抱き、夢の実現に邁進していきましょう。
ハマれば最強です!