手相で恋愛が分かる!

1.感情線でわかる恋愛傾向

 手相の基本の項で説明したとおり、感情線とは小指の下部から出て横に走る線です。
感情線からは、その人の感情面の傾向やさらに恋愛面での傾向を読み取ることができます。

 では、下記のパターンに沿って、知能線を見ていきましょう。
それぞれの特徴を組み合わせて線を読んでみてください。

STEP1.長さをチェック:長い・標準的・短い

長い感情線
長い感情線
<長い感情線>
一度好きになったら、とことん相手を愛する情熱家です。
ただし、失恋した場合には引きずりやすく、次の恋に目を向けるのに時間がかかるかもしれません。
標準的な長さの感情線
標準的な感情線
<標準的な感情線>
人差し指と中指の間くらいまで線がのびているのが標準的な長さの感情線です。 感情的にバランスの良い人です。
短い感情線
短い感情線
<短い感情線>
自分の感情をコントロールできるクールな人です。
さっぱりとしていて、恋愛も比較的淡白な傾向があります。

STEP2.位置をチェック:高い・低い

高い位置の感情線
高い位置の感情線
<高い位置の感情線>
普通より小指に近い高さに感情線がある場合は、情熱家で自分の感情を抑えられない傾向があります。
恋愛にも情熱的。感情に振り回されやすいので、人の意見も聞くように努めるとよいでしょう。
低い位置の感情線
低い位置の感情線
<低い位置の感情線>
普通より手首に近い位置に感情線がある場合は、自分の感情をコントロールできるクールな人です。 感情表現は抑えめな傾向。

STEP3.傾きをチェック:急カーブ・まっすぐ

急カーブの感情線
急カーブの感情線
<急カーブの感情線>
感情線のカーブの度合いが大きいほど、激情家で熱しやすく冷めやすいタイプです。
まっすぐに走る感情線
まっすぐに走る感情線
<まっすぐに走る感情線>
冷静で堅実な人です。
常に冷静すぎて、面白みに欠ける面もあるかもしれません。

STEP4..乱れ具合をチェック:乱れが目立つ・適度・乱れの無い

乱れた感情線
乱れた感情線
<乱れた(細かい線の多い)感情線>
感情線がたくさんの細かい線で構成されている乱れの多い感情線を持つ方は、感情豊かで多感な人です。
人情家で人に好かれますが、熱しやすく冷めやすいタイプです。
適度に乱れのある感情線
適度に乱れのある感情線
<適度に乱れのある感情線>
少々乱れのある感情線は一般的で多く見られます。
乱れのない感情線
乱れのない感情線
<乱れのない感情線>
恋をしても冷静さを失わないタイプ。実直で真面目。

STEP5.感情線の数をチェック

感情線が2本以上(複数)ある
二重感情線

<感情線が2本以上(複数)ある~二重感情線~>
さっきまで怒っていたのにもう笑っているというように感情の切り替えが早い人です。 異性にモテますが、気が多く浮気っぽいタイプです。 早めに結婚する(女性だと28才以前)と、2度結婚することになるかもしれません。

恋愛面以外では、逆境に強く困難な場面に置かれるほど、持ち味である強さが発揮されます。

鑑定ホームページ

無料タロット占いや吉方位旅行に関するコンテンツなどもある、占い師けんたろうの公式ホームページです。もっともっと手相の神秘に触れてみませんか?

講座風景

関連情報

けんたろうの開運手相講座 手相解読編」をはじめとし、気学、姓名判断、タロット、吉方位旅行など各種講座で、ご希望の方に随時、マンツーマン講座を行なっております。詳しくはホームページをご覧ください。

占い師けんたろうのブログ☆HAPPY LIFE

手相ほか、占いの話etcを随時更新中です♪